FC2ブログ

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://hime666.blog24.fc2.com/tb.php/19-04eb5aab

No. 19 (Wed)
dayline

Date 2006 ・ 07 ・ 05

討厭的仲夏 討厭的夢

在《真夜中の弥次さん喜多さん》中,喜多總是分不清楚現實與虛幻,而我,只要一到夏天,也像喜多一樣,幾乎快要分不清現實與夢境。夢是逃避現實的最好去處,即使面對悲慘無比的狀況,「做個好夢吧!」就像是撫慰創痛的咒語,但是我的狀況卻相反,恐怖的夢境總是真實到讓我感到恐懼不已,而安逸的現實卻又能讓醒來後驚慌無比的我恢復平靜。在同樣的情況一再重覆的狀況之下,我越來越害怕著在暗的夏夜閉上雙眼入眠。
這種詭異的情況大概從兩年前開始,我越來越容易被各種詭異的夢境騷擾,有時甚至能清楚地知道我的夢境被一些●●干擾了,而●●有時整個主導我的夢境,有時則是中途介入原本順暢進行的快樂夢境,嘲笑或威脅我即使從夢中醒來也沒用。介入夢境的●●聲稱讓我陷入這樣的夢境,是要讓我嚐到各種痛苦,雖然在夢中的我知道現在這邊是夢境,但是卻無法離開,即使被外力驚醒(如被鬧鐘叫醒、被手機吵醒),只要閉上雙眼,我立刻又能回到方才的夢境中,繼續著(內容一向不太愉快的)過程。


就是因為在夏天時幾乎天天被夢境困擾,有陣子我對解夢非常著迷,但是讀了些解夢的方式及參加過解夢工作坊之後,我發現它能幫助我的忙並不多。最後因為害怕夢境而無法入睡的我,只能尋求安眠藥的幫助。不過吃了藥後,雖然睡得著,夢還是照作,醒來後日子過得更恍惚,我在今年初乾脆狠下心來停藥,不過停藥時是夢出現頻率比較少的冬季,轉眼間,討厭的夏天又到了…


所以我決定,在今年夏天盡量記下我的夢。當然,一些很正常、根本是日有所思導致的夢境就不記了,而來自潛意識、即使經大腦包裝後我自己仍能解讀的的簡單的夢境也沒什麼好記的。希望不會有太多需要紀錄的夢。
スポンサーサイト
[LIFE]DREAMs // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

討厭的仲夏 討厭的夢 のトラックバックアドレス
http://hime666.blog24.fc2.com/tb.php/19-04eb5aab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。