FC2ブログ

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://hime666.blog24.fc2.com/tb.php/10-ff7db461

No. 10 (Fri)
dayline

Date 2005 ・ 12 ・ 02

誰是卡繆

★11月7日18:30
http://www.camusmovie.com/
很有趣的電影,描寫一群要拍畢業作的大學生在拍攝過程中發生的各種事,窮哈哈又堅持理想,的導演、沒有安全感只能用錢及耍來拉住男人心的癡情女孩、不知自己喜歡誰多一點的場記、臨時被請來擔任主角、渾身散發中性魅力的劇團演員、妻子死後頹喪多時,被年輕女孩的青春吸引而意圖重振的教授、萬年畢不了業的老學生、美麗的外語學院女學生、莫名其妙來插花的登山社社長(開始不知所云了起來…),這許許多多的人,交插著要拍攝的電影劇情,再加上劇中演員不時出現的過去經典電影討論,及影片中許多向經典電影致敬的模仿片段,我認為,其實這是部導演向自認懂電影、看過許多電影的人所下的挑戰書。只要你看過越多電影、讀過越多理論,你就能比其他人更接近導演想詮釋的虛實。

 所以我認輸了,哈哈,我只認出指涉魂斷威尼斯那個段落而已。
スポンサーサイト
[READING]MOVIE // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

誰是卡繆 のトラックバックアドレス
http://hime666.blog24.fc2.com/tb.php/10-ff7db461
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。